【危険信号!?】一生独身になりやすい人の特徴

なかなか恋人や結婚相手が見つからず嘆いている人には、実は共通した特徴があることが多いです。相手が見つからず、恋愛のチャンスが訪れない人には必ず行動パターンに傾向が見られるものです。

特に社会人は、ある程度出会いにしっかりと目を向けなければ素敵な相手が見つからないことが多いです。平日休みの人や、仕事柄異性との出会いが少ない人はなおさらですね。

あなたは以下のような特徴に当てはまっていませんか?恋人ができないことに心当たりがあるなら、今すぐに行動を変えるべきでしょう。今回は、一生独身になりやすい人の特徴についてまとめてみました。

結婚相手の理想が高すぎる

あなたは自分の結婚相手にどれくらいの理想を掲げていますか?「絶対にこんな人でなければ結婚したくない!」と頑なに思っている人ほど、やはり恋人ができる機会は減るものです。

なぜかと言えば、理想の高く相手を追い求めすぎるあまり、周りの人にも目を向けなくなってしまうからです。その結果理想の相手の現われず、周りで良い人も見つからず、気がついたときには結婚適齢期を過ぎている…なんてことにもなりかねません。

結婚は一生のことですから、相手選びに慎重になる気持ちは分かります。ですが、ある程度妥協したり、身近な人から良い人を探すことも視野に入れなければ、いつまでも相手が見つからない可能性があることは自覚する必要があるでしょう。

経済的にも精神的にも自立している

実は経済的にも精神的にも自立している人も、一生独身になりやすい傾向があることはご存知でしょうか?立派な分、人にも好かれやすいと思いきや、意外とそうでもないのが実情です。

自立している分人柄も優れているところが多いでしょうから、確かに人から慕われるのは確かです。友達は多くなるでしょう。でも、恋人として「支えてあげたい」と思われる要素を持っているかどうかは意外と大事なポイントなのです。自立しすぎていると、「一人でも大丈夫そう」と思われてしまいがちです。

「一人でも大丈夫そう」なんて思われてしまったら、つけ入るスキというものがない証拠です。ある程度のスキを持っている人が恋愛対象として異性に好かれやすいのは確かなので、あまり自立しすぎることも、恋愛という観点においてはマイナスになってしまいます。

恋愛よりも仕事優先の生活をしている

恋人、結婚相手を探すなら、ある程度恋に目を向けなければ良い出会いは訪れないものです。仕事ばかりを優先する仕事人間には、残念ながら出会いのチャンスは少ないでしょう。

そもそも仕事を優先しているため、いざ恋愛の機会が来ても、煩わしさすら感じてしまい、自らそのチャンスをはねのけてしまいがちです。良い出会いがあることにも気づいていないことすらあります。自分の注意が恋愛ではなく仕事にいってしまっているため当然ですね。

そしていざ仕事を落ち着けて、恋愛をしようと思ったときには年齢的に手遅れ…なんてこともよくある話です。仕事を頑張ることは素晴らしいことですが、良い結婚相手を見つけたいなら、仕事と恋愛を両立できる生活は最低限意識するべきでしょう。

出不精で積極的に出会いの場へ出向いていない

面倒臭がりな人、出不精な人は出会いの場へ出かけるのがそもそも面倒だと感じることも多く、やはり自ら出会いのチャンスを逃してしまいがちです。

社会人は面倒臭がっていては出会いのチャンスはなかなか訪れないところがあります。平日休みの人は、特に休みを利用して合コンに出かけるなどしなければ、なかなか別の職業の人と出会う機会など持てるものではないでしょう。

独身でいることを嘆いている人の多くは、積極的に出会いの場に出向くことを嫌う人が実は多いのです。理由は恥ずかしいから、面倒臭いからなどいろいろありますが、出会いがないのはやはり自分で自らチャンスを作りに行っていないからなのです。